スポンサーリンク

断捨離しました!いらない本や雑誌や段ボールをらくに捨てる方法!

本や雑誌を楽に捨てる断捨離

部屋の模様替えをするから、まずは断捨離しました!いらなくなった本や雑誌や段ボールをできるだけ楽に捨てる方法はこちら!

先日、我が家の模様替えを計画中という記事をかきました↓。

困った!子供部屋が片付かない!何から手をつけたらいいの?
部屋の片づけ、模様替え、何からどう始めればいい?

部屋の模様替えをするために、まずは、

いらなくなった物を捨ててすっきりさせることにしました。

子供が上の学校に進学するので、

いらなくなった教科書や参考書、

もう見ないマンガや本や雑誌などもたくさん。

資源ゴミで出すものは、ビニール紐でしばって

指定日に指定場所に捨てます。

売れるかも?と思った本やDVDは、

自分で店に持っていくには多いし重いし、なので、

買取り業者さんに来てもらえるといいなぁと思い、

いろいろ調べた結果、

BOOK-OFF Online(ブックオフ オンライン)

にお願いすることにしました。

後日、宅配業者の方が取りに来てくれます。

私は、BOOK-OFF Online(ブックオフ オンライン)

を初めて利用しますがなかなか利用しやすくて便利な感じがします。

ブックオフの【ネット宅配買取】で不要な本・CD・ゲーム・DVDをまとめて売ろう!

私が、調べてわかったことや、

問い合せてわかったことをのせておきますね。

ブックオフ オンライン は、段ボールを自分で用意します。

有料で購入することもできるみたいですが、

我が家には段ボールがたくさんあるのでそれを使います。

箱の大きさに指定はなく「1箱は、女性が一人で持ち上げられる重さにしてください」

と言われました。

何箱でも送料無料だそうです。

前日までなら箱数の変更を受け付けてくれるみたいです。

当日、急に箱数が増えることはダメだけど、減る分にはいいそうなので、

事前に多めの箱数を伝えておくのがいいかもしれません。

査定額がついたら、銀行に振り込んでくれるそうですが、

振込手数料も無料だそうです。うれしいですね。

本の引き取りから、1週間前後で振込んでくれるみたいです。

だたし、各書籍ごとの査定額は教えてもらえないそうです。

段ボールのどれか1箱に、自分の身分証(免許書など)のコピー

入れておいてくださいと言われました。

あと、雑誌も査定してもらえるのか聞いてみたところ、

雑誌の裏にバーコードが2つついていて、

そのうちの1つが《9784》からはじまるバーコードがついている

いわゆる『ムック本』といわれるものだったら、査定対象になるみたいです。

それを聞いて探してみたら、我が家にたくさんありました。

ほとんど査定額がつかないだろうな、とは思いますが、

ただ捨ててしまうよりはいいかな、と。

あ、長くなってしまったので、段ボールについては、

こちらからご覧ください↓

ごみ出しが楽しくなる!? 段ボールをストレスなく捨てる方法!!
たまるいっぽうの段ボールを、簡単に楽に捨てる方法がありました!

※ムック本‥‥雑誌と書籍の特性を持ち合わせた出版物で、

雑誌(magazine)と書籍(book)から作られた造語だそうです。

※【追記】実際、このサービスを利用し、

査定が完了して入金を確認しました。

それぞれの本がいくらだったのか明細は

教えてもらえないのですが、トータルで

自分が想像していた以上の入金がありました。

リアル店舗のブックオフに持っていくよりも

断然楽ですし、本当におすすめです♡

タイトルとURLをコピーしました