スポンサーリンク

NiziProject (虹プロジェクト) 7話 J.Y. Park (パク・ジニョン) さんに感動~

虹プロジェクト Nizi Project 7話

NiziProject (ニジプロジェクト) 7話 J.Y. Park (パク・ジニョン) さんの言葉に感動しました

虹プロジェクト 第7話 見ました。

7話は、『スター性』の評価でした。

パク・ジニョン氏は、7話の冒頭で下記のように話し、評価がはじまりました。

スター性とは、特別な何かに恵まれていることではなく、自分のどんなところが特別なのかを知ること。すべての人は特別なので すべての人の顔が違うように、一人一人精神・心も違います。今日は、皆さんの(外からは)見えない精神・心を見たいです。皆さんがどうして特別なのか、そうしてスターなのか見せてください。

Nizi Project 7話 パク・ジニョン氏 が語った言葉の字幕より

みなさんのパフォーマンス内容は、

エリナさんが、チアリーディング 、

アヤカさんが、少し変わったテニス講座、

キョウカさんが、パフォーマンスしながらの料理、

リクさんが、空手、

マコさんが、レモンを食べてからの書道で「点滴穿石」(てんてきせんせき)の四字熟語を書き、

マヤさんは、得意な絵を描いた自作の紙芝居を朗読、

というラインナップでした。

全体的に楽しく見ていた私としては、最後のマヤさんの紙芝居のくだりから、

まさか涙するとは思ってもみなかったです。

パク・ジニョン氏が、オーディション参加者一人一人を

見つめるまなざしが、とてもまっすぐで、的確な言葉で相手を評価しつつ、

心根の部分でやさしさが感じられてとても感動しました。

番組最後に パク・ジニョン氏 がこのように語っていました。

ここにいる人たち皆、いつかは自分の姿をしっかりと見て 自分は(今の)自分で充分特別な人だ 多くの人がいるこの世の中で、私も特別な何かの理由を持って生まれてきた人だから 自分のありのままの姿が特別だということを分かるときが来るはずです 自分自身の姿を見て大丈夫、あなたは充分特別だよ そう言ってあげられる日が来るべきだと思います

皆さんがここで26位になっても、脱落したとしても 皆さんが特別ではないということではありません 1位になっても26位になっても同じように特別です! このオーディションはある特定の目的に合わせて そこに合う人を探すだけで 皆さんが特別かどうかとは全く関係ありません

1人1人が特別でなかったら、生まれて来なかったはずです。

Nizi Project 7話 パク・ジニョン氏 が語った言葉の字幕より

次回、第8話も『スター性』評価が続くようです。

楽しみです。



タイトルとURLをコピーしました